我が家のプロセスは設計事務所と共に組み立てる|夢実現への道

積み木

二種類ある査定方法

マンション

簡易査定と訪問査定の特徴

売りたいマンションがあるときにはまずマンション査定を受けてどの程度の価格で売れるかを確認するのが常套手段です。その方法として簡易査定と訪問査定の二種類があります。簡易査定はマンションに関する基礎情報から判断してどの程度の価格で取引されるのが妥当かを評価してもらうマンション査定です。それに対して訪問査定では実際にマンションを見てもらって現況を加味した査定価格を出してもらえます。この二つは目的に応じて使い分けることが大切であり、マンション査定から売却へという流れを考えているなら両方を行うのが重要になるでしょう。簡易査定によるマンション査定は相場を調べるのに役立つのが特徴です。あくまで築年数や規模などの基礎情報からどの程度の価格かを見積もりする方法なので、販売価格とは直結しません。しかし、同じような基礎情報を持っているマンションなら一様に同じ査定価格になるため、基本的な相場について理解するのに適しています。一方、訪問査定はマンションの価値をしっかりと反映しているため、販売価格を決める際の参考価格として信頼性があります。不動産会社に仲介を依頼したら販売価格を決めなければなりません。その際には訪問査定の結果に基いて決めれば実際の売買価格としてほぼ適正なものになるでしょう。このように二種類の査定方法には個々の特徴があるのでどちらが優れているというわけではありません。うまく使い分けると効率よくマンション売却を行えるでしょう。